バラ色修行 高野山

  • 2015.07.21 Tuesday
  • 20:47
 ずっと楽しみにしていた、二泊三日、高野山の旅。AFPワークへの参加に加え、宿坊でのお勤めもあり、修行尽くしの毎日だった。でも、ワークも瞑想も楽しくて、これはもう「バラ色お姫様修行」としか言い様がない。

 宿坊の櫻池院で、ご当地キャラクター「こうやくん」に迎えられ、思わず、けろで対抗する私。久しぶりにフェルトから着物地に戻ったけろは、皆に可愛がられ、名物の美味しい胡麻豆腐も食べられて満足そう。

 

 広間でのAFPワークでは、女性性満開のデコレーションとお寺の飾りが絶妙にマッチ。初対面が多いのに参加者七名の心の開きっぷりが素晴らしくて、安心感と多幸感で和みまくり。

 

 初日の夜は、宿坊のお坊さんの案内でナイトツアー。茜色から藍色に変わる空の中、ライトアップされた大門を潜り、壇上伽藍の建物を見学する。宿坊に戻る頃には沢山の星が瞬いていて、本物とは思えない星の輝きに何度も空を見上げては確認してしまった。



 二日目。生まれて始めて五時台に起きて、お寺のお勤めに参加する。終日のAFPワークと瞑想の合間に写経。筆ペンで文字をなぞるだけなんだけど、般若心経の二百六十二文字は長い!もうダメと挫けそうになりつつ、とにかく頑張る。

 三日目。睡眠不足と疲労で二度寝して、真言密教の阿字観と云う瞑想から参加する。満月の中に「阿」と書かれた掛け軸を前に、自分が月の中に浮かんでいるイメージで瞑想をするのだが、これがAFPのワークに似ていてビックリ。密教の本尊は未年生まれの私の守り本尊でもある大日如来だし、大好きな満月だし、「あ」は自分の名前の最初の一文字。ミラクルなご縁に感動するわ〜。



 チェックアウト後、高野山見学。壇上伽藍の三鈷の松で幸運のお守りと云われる、三つに分かれた松葉を拾って幸先良し。森林浴と墓巡りをしながら参道を進み、弘法大師の御廟へ。実は中学生の時、弘法大師に因んだ書道大会で賞を貰ったので、いつか高野山にお詣りしたいと思っていた。今回、念願が叶って嬉しい。



 この三日間で「女性って皆、こんなに美しいんだね。ほんとにスゴいよ!」と改めて体感した。主宰者のれい子さんのお母様も参加されていて、母と同年代の女性の美しさに感激して、涙が止まらない場面もあり。
 AFPティーチャーのれい子さんとEikoさん、一緒に参加した皆、そして、私を応援してこの旅に送り出してくれた最愛の母に、心からの感謝と愛を。



 生きていて、よかった。女に生まれて、本当によかった。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM