akaneおすそわけ郵便、はじまりました【読者二名様募集中】

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 22:17

 

ただ、手を動かして書いているのが好き。

 

ペンを持った自分の手の動きも、白い紙に落ちる文字の連なりも、愛しくて、心地良い。

 

文字を綴っている瞬間の私は、完全に今を生きて、自分の心と身体を感じている。

 

 

と云う、書きたい衝動の侭に誰もやっていない方法で私を表現したいと思って企画したのが「akaneおすそわけ郵便」です。

  

私自身の日常や感性が売り物で、それを郵便でお届けるするからこの名称にしたのですが、ふと思いついてしまいました。私が十代の頃からこつこつ集めたポストカードが七百枚程ありまして、これもおすそわけしたらどうかしらんと。

 

高校生の頃から、外苑前のon sundaysが大好きで、毎月通っては、画集や写真集の代わりに、少しずつポストカードを買ったのが始まりでした。カードの山を見返していると、自分の好みの変遷と変わらないっぷりにも、しみじみします。ちなみに、写真一枚目の左上は、私が二十年前にインスタントカメラのチェキの空箱で作った「チェキ星人」達。友人が写真に撮ってくれました。こう云う馬鹿馬鹿しさが私の本領発揮だなぁと思います。

 

こんな風に企画が整って一人で勝手に盛り上がっていたら、友人が購読申し込みをしてくれて、本当に本当にありがたかったです。一人でも読んでくださる方がいる、そのよろこびは私にとって計り知れなくて、この満月に届くように、第一回分を郵送しました。

  

あまりに楽しくてときめきが止まらないので、あと二名様、ご購読くださる方を募集します。

 

今日の満月は、愛用の手帳「和暦日々是好日」によると、牡牛座の満月「兆しを求めて、自由に歩いてみる。」だそうです。私、かなり自由です。この自由な晴れ晴れしさも、ポストに入った封筒からおすそわけ出来たら、嬉しいです。

 

*「akaneおすそわけ郵便」について(改訂版)

大橋あかねの日常と感性を郵便でおすそわけする企画です。手書きの手紙や詩、言葉、印刷された文章、絵、写真、どんな表現方法で届くかは、その時の気分次第です。が、三十年以上に渡って集めたポストカード七百枚もおすそわけしたくなったので、ポストカードに手書きで綴った物を一回に三枚ずつ、一ヶ月で四回、計十二枚お届けする形に今はなっています。

 

*「akaneおすそわけ郵便」の購読方法

購読料は、一ヶ月3,333円です。銀行振込みでお願いします。ご購読をご希望の方は、メール(akane⭐kuku-moon.com の⭐を@に変えてください)、または、FaceBookのメッセンジャーでお声がけください。その際、ご住所もお知らせください。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM