「雛祭りに溢れるよろこびと幸せをシェアする会」を開催しました

  • 2019.03.10 Sunday
  • 10:47

  

入籍の歓びをシェアしたいと突然思い立ち、大好きなAFP(Art of Feminine Presence™)のFaceBookコミュニティで、AFPのワークショップとお茶会を兼ねたイベントのお声がけをしました。

 

直前のお誘いだったにも関わらず、昨年一年間、私が開催したAFPの連続クラスにいらしてくださった方がご参加くださって、すごく嬉しかったです。

 

AFPのプラクティスを体験すると、素晴らしい気づきがあったり、その時にはわからない積み残しが出たり、歓びに満ち溢れたり、がっつり自分に向かい合うこともあり、人それぞれ色々な体感が湧き起こります。同じプラクティスを何度体験しても毎回新鮮で、何が起こるかわからない面白さとドキドキがあ流のです。

 

私たちAFPの認定ティーチャーは、安心安全な場で体験して頂けるように、ファシリテーターとしてその場に在ります。AFPの中で、anchor(アンカー/錨)という言葉がよく使われますが、私の中では、ファシリテーター自身が錨とか、重石に近い感じがします。

 

去年の、いや、今までの私は、かっちりとした重い錨でした。それ故に力強かったけれど。振り返ってみると、去年の連続クラスで公園に出かけた時のみんなの笑顔を一番よく思い出すのです。不思議。ずっと向かい合って座って、毎回素晴らしい時間を過ごしてきたのに。今、心に浮かぶのが、たった一度、外に出かけた時の回だなんて。

 

それは、今の私が、恐いと思いながらも不安定な感じ、自由な感じに惹かれているからだと思います。

 

今回の雛祭りのイベントでは、二人でおやつのケーキを買いに行ったついでに、インドカレーの匂いに誘われて突然カレーを食べたいと我儘を言って持ち帰り、遅いお昼のお茶会、ワークショップと云う、当初の予定を全部覆す流れで進ませて頂きました。

 

より自分の直感に従うようになって、それは自分に正直であると同時に、常に手探りの状態です。ただ、その私を受け止めてくださる方がいらして、信頼の絆と愛に溢れた見守りで一緒に器(場)を作ってくださることが、本当にありがたいです。

 

カレーに始まって最後のケーキとお茶の締めに到るまで、会話のどこからどこまでがAFPのプラクティスやシェアなのかがわからない位に流れに溶け込み、ふわりとした、笑顔と歓びと感動に溢れた一日になりました。

 

一緒に軽やかな春を迎えてくださって、ありがとうございます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM