「ひざまずく光 」第三篇 想いの重ね

  • 2017.10.09 Monday
  • 21:10

 

何故、想い出を重ねるのだろう

 

透き通った絵の具を筆で置く様に

一刷毛ごとに、色が増す

 

深まる色に想いが募り

愛がつけた、名残をなぞる

 

想い出が、過ぎし愛をいとしむものなら

今、描こうとする想い出は

 

気づかぬ愛の兆しなのか

 

 

(C) Akane Ohashi 2017 #ひざまずく光

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM