「ひざまずく光」第十四篇 窓の先に在る世界

  • 2017.12.09 Saturday
  • 00:40

 

母は窓だ

 

私にとって

母は 世界に開く窓

 

その先に在る世界に

向かい合うために

 

私はいつも 窓に向かう

 

窓が閉じないように

力の限り 目を開け 手を伸ばす

 

たった一つの 大切な窓が

全てに繋がることを 信じて

 

時に 私が目を瞑ると

窓の灯りが

優しく照らしてくれる

 

生きることを誓った日を

思い出させてくれる

 

だから 私は

 

世界を 愛を

諦めない

 

母という窓を抱きしめて

 

(C) Akane Ohashi 2017 #ひざまずく光

「ひざまずく光」第十三篇 無題

  • 2017.12.09 Saturday
  • 00:04

 

書くことが生きることだ

 

想いに追いつこうとして

懸命に手を伸ばすけれど

 

ほんの一瞬の間に逃して

消えて無くなった言葉に

 

二度と出会えないのかと

息が出来なくて涙を流す

 

(C) Akane Ohashi 2017 #ひざまずく光

 

「ひざまずく光」第十二篇 満ち足りて

  • 2017.12.08 Friday
  • 23:18

 

会いたかった人と

ゆっくり時間をかけて

美味しいご飯を食べて

紡いだ時間と言葉に満足して

 

大好きなお店で

丁寧に作り込まれた

歴史と美意識の重なりのような

服に満足して

 

そう、満足して

 

だから

解かれたままの言葉があってもいい

袖を通しただけで別れを告げてもいい

 

歩く道は落ちる葉の色に染まり

見上げる木も同じ色で埋め尽くされ

 

世界に在る美しさに

感謝して、満足して

 

今日という一日が

穏やかに幸せで

身を焦がすように愛しくて

 

美しい人に

美しい物に

 

私はいつも恋をする

 

(C) Akane Ohashi 2017 #ひざまずく光

「ひざまずく光」第十一篇 雲間の月

  • 2017.12.04 Monday
  • 23:38

 

雲間を 泳ぐように

月が

 

流れて行くのは

その輝きではないのだと

 

言葉も 想いも

移ろい消えて行くけれど

 

愛だけは

そこに

 

月のように

そこに

 

(C) Akane Ohashi 2017 #ひざまずく光

「ひざまずく光」第十篇 邂逅

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 19:37

 

光射す 一瞬を待つ

 

薄い翠の 水面が透ける

樹々が黒く 影になる

 

それは奇跡ではなく

 

私はやっと 「今」に辿り着く

 

(C) Akane Ohashi 2017 #ひざまずく光

 

2017.11.12 潟沼にて

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM