「AFPが好き。」〜許すをテーマにしたAFP 連続クラス、始まりました〜

  • 2019.04.07 Sunday
  • 21:36

 

「AFPが好き。」

 

その一言に尽きる。

 

今日から始まった「許すをテーマにしたAFP連続クラス」。

何を許したいのかわからない、でも、すごくやってみたいテーマで。

その想いに呼応して集まってくださった器は、いきなりズバッと切り込むようなAha!体験で盛り上がって、とにかく面白い!

 

「AFP(Art of Feminine Presence™)って何?」と聞かれる度に「えーと、女性性と女性としての自分の身体に寛いでいられる、心と体とエネルギーのワークでですね〜」とか、「すごく自分の在り方が変わって、楽になるんですよ〜」とか、毎回、なんて表現していいか迷うところなのだけれど。

 

今なら、この一言でいい。

 

「面白いから、やってみて。」

 

「許す」をテーマにしたArt of Feminine Presence™(AFP)連続クラス全3回へのお誘い

  • 2019.03.10 Sunday
  • 19:37

 

先月、私はこのブログに「許す私を許していい」と云う内容の文章を書きました。

http://blog.kuku-moon.com/?eid=195

 

今までの私は、男性全般に対する恐れや怒りから、目の前に居る大切な男性に「今まで私が負った傷を全て癒して謝って欲しい。」と云う思いに囚われ、築いた関係性のちゃぶ台返しを繰り返して来ました。

 

それがAFPを始めて、改めて、無条件に男性が恐い自分に気づき、「あー、そうなんだぁ。」と距離を置いて見られるようになりました。それから、沢山の助けと気づきをいろいろな場で頂いて、やっと「許す私を許していい」と云う想いに至り、結婚という新たなスタートに着きました。

 

 

Art of Feminine Presence™(AFP)を続けて来た成果で、私が特に素晴らしいと思うのは「選択肢が増える」ことと「自分に許可を与えられる」ことです。

 

昨年、ハワイでのAFPリトリートで、AFPの創始者であるレイチェル・ジェイン・グルーバーさんが「受け取る」ことを終始テーマにされて以来、AFPは新しいステージに入り、「受け取る」と云う女性性の特質に焦点を当てて、みんなで受け取ることに大切に意識を向けています。

 

私には、「受け取る」と「許す」が、卵と鶏のような関係に感じられます。この二つがニアイコールで、受け取ると許すのどちらか片方が出来たら、もう片方への足掛かりになると思うのです。

 

 

私の同棲から結婚へと続いた生活は、怒りMAX状態で進んで来ました。こんなにイライラしていることは生まれて初めてで、夫に怒って爆発する自分がすごく嫌になります。今までの母との生活は平穏だったなぁとしみじみすることもしばしば。

   

最近になって、怒りを加速させるのは、相手が実際に行ったことよりも「私をこんなにも怒らせる相手」という感じ方だと気づきました。「怒って醜い私なんて認めたくない!私はもっと平和で美しい生き物なの!」怒っている自分自身を受け取りきれないことが、私にとって最大の怒りの原因なのです。

 

夫と二人での生活にも少しずつ慣れて来て、怒っている自分にも免疫が出来、イライラするのはお互い様だと思うと、怒っている自分を少しずつ許せるようになりました。

 

許しを自分に与えると、本当に楽になります。「許す」ことは、人より上の位置からの行為と云う印象がありましたが、自分の価値観やプライドを一旦脇に退けて、謙虚で居ることから「許す」が生まれるのではないかと、今は感じています。

 

 

「自分に許してみたいことがある」「いろいろ許してみたらどうなるんだろう?」

そんな実験をしたくて、来月から「許す」をテーマに、AFPのご経験者(AFP瞑想のフルコースを体験された方)を対象にしたAFP連続クラスを開催します。ご参加くださる皆さんが、それぞれ、ご自分自身の許しに挑戦して頂く場になったらいいなぁ、と思います。挑戦と言っても、がっつりヘビーに向かい合うというより、するっと紐解かれるような、春に花の蕾がふんわり開くような、そんなイメージをしています。

 

一緒にゆるゆると開花してくださる方のご参加を心よりお待ちしています。

 

*AFPのご体験がなくてご興味をお持ちくださった方がいらっしゃいましたら、末尾のAFPのご案内を是非ご覧ください。(他のティーチャーのクラスのご案内リンクもございます。)

 

 

************

「許す」をテーマにしたArt of Feminine Presence™(AFP)連続クラス全3回のご案内

 

【日程】2019年4月7日(日)、5月5日(日)、6月2日(日)

  

【時間】13:00〜17:30(開場12:45 、各回4.5時間、30分程のおやつ休憩含む)

 

【会場】都内

*最寄り駅/京浜急行の大森海岸駅(JR・京急品川駅より電車で約10分)

*詳細は参加者の方にお伝えします。

 

【対象】AFP瞑想フルコースを体験された大人の女性(女性を自認される成人の方)で、全日程にご参加頂ける方

*ご参加くださる皆さまに安心してワークに取り組める器を作り上げるため、欠席や大幅な遅刻、早退などはご遠慮下さい。

 

【定員】 4名様

 

【参加費(全3回分)】43,200円

*大橋あかね主催のAFP連続クラスご参加経験者 35,640円

*AFP認定ティーチャー 21,600円

*少人数制でお席をご用意するため、事前に銀行振込をお願いしております。

 

【お申込み・お問合せ】

akane☆kuku-moon.comの☆を@に変えて、メールでご連絡ください。

お申込みの方は、メールのタイトルに【AFP連続クラス参加希望】、本文に下記の内容をご記入ください。

……………………………………………………

1、お名前

2、お電話番号(当日連絡の取れる携帯等)

3、メールアドレス(当日連絡の取れる携帯等)

4、ご住所(任意)

*AFP認定ティーチャーの方は、その旨お書き添えください。

……………………………………………………

折り返し、振込先等の詳細をメールでお知らせ致します。

詳細をご確認の上、メール受領後、一週間以内に参加費のお振込をお願い致します。

(恐れ入りますが、振込手数料はご負担下さい。)

参加費の受領確認を持ちまして、参加受付完了となります。

 

【キャンセルポリシー】

理由に関わらず、お振込み後の返金は致しかねます。

参加費のお振込み前でも、開催日14日前より50% 、7日前より100%のキャンセル料を頂きます。

 

【プライバシーポリシー】

皆様の個人情報を他者に開示、譲渡することはございません。

当方が主催するイベント等に関するメールやDM(お礼状含む)をお送りすることがございますので、ご不要の場合は、その旨お申し付け下さい。

また、皆様に安心してご参加頂くために、当日、守秘義務等に関する同意事項をご説明申し上げます。

 

【主催/ファシリテーター】[kuku] 大橋(齋木)あかね

Art of Feminine Presence™(AFP)認定ティーチャー。

2015年にAFPティーチャートレーニングのRuby(旧Level.1 )、2016年に同Amethyst(旧Level.2)修了。

2016年からAFPのティーチャー活動を始め、連続クラスや単日ワークショップの他、昔ながらの美しい着つけとAFPを組み合わせたワークショップ「着物で、AFP。」を着付け師の母と二人で開催。AFPで自分を感じる時間を続けていくために、朝の30分を使った「オンラインでTune inの会」を開催中。

 

【Face Book】https://facebook.com/akane.ohashi.kuku

【「着物で、AFP。」Face Book】https://facebook.com/kimono.afp

 

 

⭐Art of Feminine Presence™のご案内⭐

 

AFPは、女性の身体、意識、エネルギーに働きかけるアメリカ発の女性性開花プログラムです。44個あるプラクティスを、話したり、歩いたり、瞑想したりと、座学ではなく、全て自分の身体で体験していきます。好奇心を持って体感することを大切にしたエクササイズは、日常生活にすぐに取り入れ、実践することの出来るものばかりです。自分の女性性に繋がり、自分の中心「ホーム」に寛ぐことの心地良さを感じながらプラクティスを続けていると、自然と「あなたらしい女性」としての魅力と存在感が増していきます。それによって、自分らしく居るだけで人を惹きつけ、関係性がスムーズになったり、自分の望みに繋がって無理なく現実化が出来るようになったりと、様々な効果を歓びと共に実感出来ます。

 

*Art of Feminine Presence™についてはAFPジャパン公式サイトも合わせてご覧下さい。

http://afpjapan.com/

 

*AFP創始者のレイチェル・ジェイン・グルーバーさんと、日本初のAFP認定講師であり、創始者以外では唯一のAFPティーチャー育成トレーナーのアムリタ映蓮さんの愛に溢れたご指導の下、現在、日本人のAFP認定ティーチャーたちが沢山誕生して活動をしています。ティーチャーそれぞれの魅力に溢れたAFPのクラスが全国で開催されていますので、是非、開催スケジュールをご覧頂いて、ご縁のあるクラスにご参加頂けましたら嬉しいです。

http://afpjapan.com/schedule.html

 

*AFPが初めての方で今回のクラスにご興味をお持ち頂けましたら、是非、上記の他のティーチャーのクラスでご体験ください。また、初めての方向けのワークショップや連続クラスの開催リクエストも承っておりますので、お気軽にご相談頂けましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

 

「雛祭りに溢れるよろこびと幸せをシェアする会」を開催しました

  • 2019.03.10 Sunday
  • 10:47

  

入籍の歓びをシェアしたいと突然思い立ち、大好きなAFP(Art of Feminine Presence™)のFaceBookコミュニティで、AFPのワークショップとお茶会を兼ねたイベントのお声がけをしました。

 

直前のお誘いだったにも関わらず、昨年一年間、私が開催したAFPの連続クラスにいらしてくださった方がご参加くださって、すごく嬉しかったです。

 

AFPのプラクティスを体験すると、素晴らしい気づきがあったり、その時にはわからない積み残しが出たり、歓びに満ち溢れたり、がっつり自分に向かい合うこともあり、人それぞれ色々な体感が湧き起こります。同じプラクティスを何度体験しても毎回新鮮で、何が起こるかわからない面白さとドキドキがあ流のです。

 

私たちAFPの認定ティーチャーは、安心安全な場で体験して頂けるように、ファシリテーターとしてその場に在ります。AFPの中で、anchor(アンカー/錨)という言葉がよく使われますが、私の中では、ファシリテーター自身が錨とか、重石に近い感じがします。

 

去年の、いや、今までの私は、かっちりとした重い錨でした。それ故に力強かったけれど。振り返ってみると、去年の連続クラスで公園に出かけた時のみんなの笑顔を一番よく思い出すのです。不思議。ずっと向かい合って座って、毎回素晴らしい時間を過ごしてきたのに。今、心に浮かぶのが、たった一度、外に出かけた時の回だなんて。

 

それは、今の私が、恐いと思いながらも不安定な感じ、自由な感じに惹かれているからだと思います。

 

今回の雛祭りのイベントでは、二人でおやつのケーキを買いに行ったついでに、インドカレーの匂いに誘われて突然カレーを食べたいと我儘を言って持ち帰り、遅いお昼のお茶会、ワークショップと云う、当初の予定を全部覆す流れで進ませて頂きました。

 

より自分の直感に従うようになって、それは自分に正直であると同時に、常に手探りの状態です。ただ、その私を受け止めてくださる方がいらして、信頼の絆と愛に溢れた見守りで一緒に器(場)を作ってくださることが、本当にありがたいです。

 

カレーに始まって最後のケーキとお茶の締めに到るまで、会話のどこからどこまでがAFPのプラクティスやシェアなのかがわからない位に流れに溶け込み、ふわりとした、笑顔と歓びと感動に溢れた一日になりました。

 

一緒に軽やかな春を迎えてくださって、ありがとうございます。

 

許していい

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 18:47

 

許すことにした

 

全てを

私を

 

もう、傷ついた私を、大事に握り締めていなくていい

今、目の前に居る人に、過去の誰かを重ねないでいい

 

許す私を許していい

 

*******

 

旧暦元旦の昨日、婚約者とデートをしました。楽しんで、傷ついて、怒らせて、涙が出て、愛おしいと思いました。

 

夜、瞑想をしながら、今まで私を傷つけた(と私が思っている)男性と云う存在を許そうと云う強い想いが湧きあがってきて、その瞬間、それは私を許すことだと気づきました。

 

彼の言葉や態度に、いつも過去の人を重ねて、ガッカリしたり、不安になったり。自分ではもう止めたと思っていたのに、また、目の前に居る人に、世界中の男性全てを重ね合わせて、期待して、攻撃して、お互いに苦しくなっていました。

 

もういいよ。自然にそう思えたら、とても呼吸が楽になって、自分がどこまでも自由だと知りました。

 

プライドの高い私は、人に許しを乞うのが苦手で、だから、人のことも許さなかったのかもしれない。でも、今、ここには新しい選択肢があって、私は「許す」と云う選択肢を選びたいのです。もし、許すことが苦しい時があったら、許せない私を許したいです。

 

彼を愛する私を許したい。

人の力を借りる私を許したい。

 

それは、彼に愛される私を許すことで、

人に力を貸す私を許すことだと、思います。

 

*******

 

今、この「許す」をテーマに、何かをしてみたくなりました。近々にお知らせを。そして、共感して下さった方がいらしたら、お声がけ頂けると嬉しいです。いつも、お付き合い下さって、本当にありがとうございます。

 

わからないのが面白い〜AFPのススメ〜

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 23:24

来月の入籍を目前に、婚約者から待ったがかかり、二日間、二人でみっちり話し合った。話の発端は、彼の収入だけで二人が生活するのは無理と彼が不安に思ったこと。そこから色々な展開を経て、最後は、私がずっと我慢していたことを子供みたいに泣きじゃくって話し、その間、彼は私を抱きしめていた。

 

私、結婚したらお金の心配が要らなくなると思ったんだよね。それが一番の目的だって気づきながら、そう云う自分が恥ずかしくて認めたくなかった。

 

でも、今回のことで「自分が生活をするためにはお金が必要で、お金を求めるのは恥ずかしいことではない。」と思えるようになって、そうしたら、自分が一人で生活できることが前提で、その上でのパートナーシップなんだなぁとやっと納得した。

 

半年間、同棲をしてみて、今まで母に頼ってきた家事の大変さを肌で感じて、本当に辛かったけれど、私にも出来るんだって、自信を持てた。それと同じように、今度は、私が本当にやりたい仕事でお金を稼げるんだってことを自分に証明してみたい。

 

自分の心と身体のペースで無理をしない範囲になるから、勿論、陰日向なくと云うわけには行かない。どころか、陰ばっかりだろうと不安になる。ただ、最初から「出来ません、無理です、他の人に頼ります。」だけに選択肢を絞らなくてもいいんだと気づいたら、気持ちが楽になった。

 

今まで、パートナーシップにいっぱい条件を付けてきた。勿論、それは大切なことなのだけれど、その前にまず、私自身がどう在りたいんだろう。自分にそう問いかけてみたら、私に何より必要なのは「安心、安全、自由」だと気づいた。それがなければ、笑顔になることも、息をすることも出来ない。

 

だから、彼との話し合いをするのに、はじめに、この半年間、彼が私を養ってくれたことを感謝して、話がどんな方向に進んでも、自分が安心、安全、自由で居ることを自分に約束しようと決めた。私は人に求められると嫌と言えずに流されやすいけれど、まずは、自分を大切にしたいと思った。

 

話し合いの結果、結婚するのは恐いとお互いが思っていること、私と一緒に居たいと彼が思ってくれていることがわかった。私自身はどうかと言えば、まだ、自分の気持ちがわからないでいる。ことに恋愛に関しては、ゼロか百しかない私にしては、これはもう、本当に珍しいことで。胃の中がチリチリして、白黒ハッキリつけようぜという囁きが聞こえてくる。

 

グレーゾーン、灰色という選択肢を自分に許すのは、私にはとても勇気が要る。その一方で、この「わからない状態」を、とてつもなく面白いと感じている私も居る。これは初めての経験で、まさか自分がわからないのが面白いと思うなんて思わなかった。

 

そう言えば、スポーツの中継で「わからなくなってきました!」というのは、大抵、「(試合が)面白くなってきました!」という意味合いだよなぁ。

それに近いワクワクが今の私にはある。

 

わからない状態でいいなんて、そんなこと思ってもみなかったんだけど、それを選んだ途端、自由を感じて、呼吸がしやすくなった。先はさておき、この選択が今の私には心地いい。それは、「どんな選択肢であれ、自分に選択肢が増えた」と云うことと、「自分に安心、安全、自由を約束すると云う芯が通っている」からだと思う。

 

この、選択肢が増えることと自分の中に芯(軸)が通ることについては、私がAFP(Art of Feminine Presence™)で学んだことの中でも、とても大切だなぁと実感していることで、沢山の女性に体感して貰いたいと願っている。

 

わからないのが、面白い。

恐いのに、自由を感じる。

そんな自分は初めてで、戸惑うけれど、愛しい。

 

*******

 

【明日、1/31(木)より鈴木 麻子さん主催のAFP連続クラス(5weeks)が開催されます】


麻子さんがティーチャーの皆に呼びかけて下さって、蒼生 祥子(Sahasa)さん、三上 薫さん、私の4名が、時にはファシリテーターとして、時には受講者として器を作る、新しい試みの連続クラスです。私の中では、ティーチャー達が協力して作り合うAFPフェスタに近い感覚で「皆が集まると、どんな化学反応が起こるんだろう!?」という好奇心いっぱいの場です。少人数のクラスで、まだ若干お席をご用意出来ます。このワクワク感を分かち合ってくださる方とご一緒できますように。


クラスの詳細と、AFPについての説明を超えた読み物としてとても面白い記事と動画を以下のリンクからご覧いただけます。

https://smart.reservestock.jp/event_form/index/316875?fbclid=IwAR3M7szTa8MjkEuuinvvpP_kKriIT55GVmwG1ZT7YKc0Lb_iFyPRWrM0Hds

 

⭐自分はこうするしかないと、日々、諦めている人に

 

⭐それでも希望を願う人に

 

⭐ただ、自分に正直で居たい人に

 

⭐歓びに満たされたい、それを自分に許したいと思う人に

 

【AFP(Art of Feminine Presence™)について】

 

「ただ、感じて、選んで、自分のスイッチを切り替えるだけでいいのです。」

 

AFPは、女性の身体、意識、エネルギーに働きかけるアメリカ発の女性性開花プログラムです。話したり、歩いたり、瞑想したり。好奇心を持って体感することを大切にしたエクササイズは、日常生活にすぐに取り入れられます。自分の女性性に繋がり、自分の中心「ホーム」に寛ぐことの心地良さを感じながらワークを続けているうちに、自然と「あなたらしい女性」としての魅力と存在感が増していき、それをよろこびと共に実感して頂けることをお約束します。

 

*Art of Feminine Presence™についてはAFPジャパン公式サイトも合わせてご覧下さい。

http://afpjapan.com/

 

*AFP創始者のレイチェル・ジェイン・グルーバーさんとAFP講師育成トレーナーのアムリタ映蓮さんの愛に溢れた指導の下、現在、日本人のAFP認定ティーチャーたちが沢山誕生して活動をしています。ティーチャーそれぞれの魅力に溢れたAFPのクラスが全国で開催されていますので、是非、開催スケジュールをご覧頂いて、ご縁のあるクラスにご参加頂けましたら嬉しいです。

http://afpjapan.com/schedule.html

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM