7/30(日)「着物で、AFP。」 〜西荻 おわら風の舞を浴衣で楽しむ回〜のお知らせ

  • 2017.07.22 Saturday
  • 18:11

 

「浴衣でお祭りに行きたい!」日本の夏の醍醐味に「AFPのワークの後のとびきりの笑顔で!」が加わったら、最高に素敵。そう思ったらときめきが止まらなくなって、毎年、西荻窪で開催されている「西荻 おわら風の舞」の当日に、浴衣を着て、AFPのワークに参加して、終わったらそのままお祭りへという楽しさてんこ盛りのワークショップを考えました。日本の夏を思いっきり楽しみたい方、是非、ご一緒に♡

 

【「着物で、AFP。」について】

 

「きちんと、美しく。」「楽なのに、着崩れない。」

昔ながらのシンプルで美しい着つけのポイントを元芸妓から学び、着物ならではの所作や姿勢で、女性の「芯を感じるAFP」を体験してみましょう。

 

「着物で、AFP。」は、母の美しい着付けを残したい、AFPのプラクティスを通して女性である歓びを知って貰いたい、あなたの源である「お母さん」を愛して欲しい、その三つの想いを込めて、母娘で主催をしているWSです。

元芸妓で着物歴60余年の母の着つけをご体験頂いた後、着物をお召し頂いたままでAFPのプラクティスを体感して頂きます。日本の女性の美しさを心と身体でご満喫下さい。

 

【AFP(Art of Feminine Presence™)について】

 

「ただ、感じて、選んで、自分のスイッチを切り替えるだけでいいのです。」

 

AFPは、女性の身体、意識、エネルギーに働きかけるアメリカ発の女性性開花プログラムです。話したり、歩いたり、瞑想したり。好奇心を持って体感することを大切にしたエクササイズは、日常生活にすぐに取り入れられます。自分の女性性に繋がり、自分の中心「ホーム」に寛ぐことの心地良さを感じながらワークを続けているうちに、自然と「あなたらしい女性」としての魅力と存在感が増していき、それを歓びと共に実感して頂けることをお約束します。

 

 

【日時】2017年7月30(日)14:00〜18:00(開場13:50)

*はじめに着付けをお一人ずつ順番に行います。お一人様30分程の予定です。

*ご自分で着物を着られる様になりたい方は、別途開催しております着付け教室にご参加下さい。

 

【会場】西荻窪の一軒家カフェ&サロン hana(JR西荻窪駅南口から徒歩3分)

http://nishiogi-hana.com/

 

【定員】3名様

 

【参加費】10,000円/「着物で、AFP。」リピーターの方 9,000円

*当日、現金でご持参下さい。

 

【対象】大人の女性(女性を自認される成人)の方

*ご参加下さる方に安心してワークに取り組める器を、全員で作り上げるため、欠席や大幅な遅刻、早退、部分参加などはご遠慮下さい。

 

【持ち物】浴衣一式、下駄

*持ち物一覧は別途、お知らせ致します。

*今回、浴衣の貸し出しはございません。ご了承下さい。

 

*「西荻 おわら風の舞」への参加は任意ですので、お祭りにパートナーやお友達とご参加したい方はお気兼ねなく別行動でお楽しみ下さい。

*「西荻 おわら風の舞」の詳細はこちらをご覧下さい。

(サイトのトップ画像は昨年のチラシです。)

http://nishiogi-net.com/owara/

 

【お申込み・お問合せ】

メールでご連絡下さい。宛先:akane☆kuku-moon.com(☆印の部分を@に変えて下さい。)

お申込みの方は、メールのタイトルに【7/30「着物で、AFP。」参加希望】、本文に下記の内容をご記入下さい。

……………………………………………………

1、お名前

2、ご住所

3、お電話番号(当日連絡の取れる携帯等)

4、メールアドレス(当日連絡の取れる携帯等)

……………………………………………………

折り返し、こちらから持ち物等の詳細をメールでお知らせ致します。その返信メールを持ちまして、参加受付の完了とさせて頂きます。24時間以内に返信メールが届かない場合は、不達の可能性がありますので、お手数ですが、再度、ご連絡下さい。

 

【キャンセルポリシー】

お客様のご事情によるキャンセルの場合、開催日14日前より50%、7日前より100%のキャンセル料を頂きます。

 

【プライバシーポリシー】

皆様の個人情報を他者に開示、譲渡することはございません。

当方が主催するイベント等に関するメールやDM(お礼状含む)をお送りすることがございますので、ご不要の場合は、その旨お申し付け下さい。また、皆様に安心してご参加頂くために、当日、守秘義務等に関する同意事項をご説明申し上げます。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

**********************

主催/ファシリテーター:[kuku] 大橋あかね

Art of Feminine Presence™(AFP)認定ティーチャー。

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター。

大学で江戸文学を専攻し、和綴じ本制作、ギャラリーでの和小物担当を経験。江戸がライフワーク。

 

着付け:大橋 セツ子

元芸妓。着付け講師有資格者。芸妓習いとして日舞、鼓、常磐津を学ぶ。着物歴六十余年。

本年より、自宅で着付け教室を開催。

 

【Blog】http://blog.kuku-moon.com/

【Face Book】https://facebook.com/akane.ohashi.kuku

【「着物で、AFP。」Face Book】https://facebook.com/kimono.afp

 

*Art of Feminine Presence™についてはAFPジャパン公式サイトも合わせてご覧下さい。

http://afpjapan.com/

 

*それぞれの魅力に溢れたAFP認定ティーチャー達が、全国でクラスを開催しています。

是非、開催スケジュールをご覧頂いて、ご縁のあるクラスにご参加頂けましたら幸いです。

http://afpjapan.com/schedule.html

 

JUGEMテーマ:着物 きもの

7/16(日)AFPハーフデイWS、終了しました

  • 2017.07.17 Monday
  • 20:35

今回のAFPワークショップは「見守る」がキーワードになりました。

 

見守られる安心感と歓び、見守ることで深まる信頼感と感謝、それを全身で感じ、素晴らしい体験をさせて頂きました。

 

参加者としても、ファシリテーターとしても、心に残る一日でした。

 

ご参加下さった皆さま、ありがとうございます。

 

 

終わった後のみんなの写真、どの笑顔も好き♡

思った以上に、素晴らしい〜7/16(日)AFPハーフデイワークショップのお知らせ〜

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 18:21

 

最近、「思った以上」という言葉を実感して、驚くことが多いです。

 

思った以上に、素晴らしい。

思った以上に、力強く輝いている。

こんなにすごいなんて思わなかったと、その度に感動します。

 

最初に意識したのは、今年の一月から開催したAFPの5weeksでした。

初めての連続クラスの開催で密かに色々心配していたのだけれど、参加して下さった皆が作り上げてくれた器がとても温かくて素晴らしかったのです。当時、恋愛に必死だった私は、クラスの後にお茶をしている参加者の方々を置いて「デートで先に帰ります!」なんて言う自分が如何なものかと思ったりもしていました。

 

ところが、帰り際に目に飛び込んできた皆の笑顔で話している姿が本当に完璧で、素晴らしくて。なんだ、私が居なくても全然大丈夫!信じて委ねて、それでいいんだと云う安心感と、人は居るだけでこんなにも完璧なんだと云う気づきを、身を以って体験しました。

 

クラスが終わって、三ヶ月ぶりにフォローアップで再開した皆は、更に美しく輝いて、歓びに満ちていました。もう本当に「思った以上」で、楽しくて、嬉しくて、歓びが止まりませんでした。皆で考えて名付けたグループ名「めばえ」という名前の通り、めばえてすくすくと枝葉を伸ばし、美しく花開いた姿を見せて下さった皆に、遅ればせながら、心からのありがとうを伝えさせて下さい。

 

 

そして、この「めばえ」のお一人からお友達をご紹介頂いて、ハーフデイワークショップのリクエストを頂きました。波紋の様に広がっていく温かい繋がりにワクワクして、とてもありがたいです。

 

今回は、AFPが初めての方のペースに合わせて、ゆったりと体感して頂きながらワークを進めて行きたいと思います。AFP初心者の方は勿論、AFPのワークが久しぶりという方や、忙しくて連続クラスに出られないけどAFPを続けていたいという方、ご一緒にAFPの基本のワークを体感して頂けましたら、嬉しいです。

 

AFPの創始者であるレイチェルが、先日、清里で行われたティーチャートレーニングで、AFPティーチャーをHope Delivererと表現されたそうです。私は今回、週末WSのみの参加だったため、直接耳に出来なかったのですが、清里で改めて感じたAFPの素晴らしさ、レイチェルの優しさに溢れた思い遣りと力強い魅力、AFPを通して広がる歓びに満ちた可能性と共に、その言葉が心に響いています。

 

希望を必要とされる方に、AFPが届くことを願って。

 

*********************

7/16(日)AFPハーフデイワークショップ at  西荻hana

 

Art of Feminine Presence™は、女性の身体、意識、エネルギーに働きかける44個のプラクティスで構成された、アメリカ発の女性性開花プログラムです。

 

話したり、歩いたり、瞑想したり。好奇心を持って体感することを大切にしたエクササイズは、日常生活にすぐに取り入れられる物が多く、体感を重ねる度、そのシンプルさ、奥深さに感動します。

 

「ただ、感じて、選んで、あなたのスイッチを切り替えるだけでいいのです。」

 

自分の女性性に繋がり、自分の中心「ホーム」に寛ぐことの心地良さを感じながらワークを続けているうちに、自然と「あなたらしい女性」としての魅力と存在感が増していき、それを歓びと共に実感して頂けることをお約束します。

 

【日時】7/16(日)13:00〜17:00(開場12:50)

 

【会場】西荻窪の一軒家カフェ&サロン hana

(JR西荻窪駅南口から徒歩3分)

http://nishiogi-hana.com/

 

【対象】大人の女性(女性を自認される成人)の方

*ご参加下さる方に安心してワークに取り組める器を、全員で作り上げるため、欠席や大幅な遅刻、早退、部分参加などはご遠慮下さい。

 

【募集人数】6名様

 

【受講料】 8,000円/AFP瞑想フルコース経験者 7,000円/AFP認定ティーチャー 4,000円

*受講料のお支払いは事前に銀行振込をお願いしております。

 

【お申込み・お問合せ】

メールでご連絡下さい。宛先:akane☆kuku-moon.com(☆印の部分を@に変えて下さい。)

お申込みの方は、メールのタイトルに【AFPハーフデイWS参加希望】、本文に下記の内容をご記入下さい。

……………………………………………………

1、お名前

2、ご住所

3、お電話番号(当日連絡の取れる携帯等)

4、メールアドレス(当日連絡の取れる携帯等)

……………………………………………………

折り返し、詳細をメールでお知らせ致します。詳細をご確認の上、メール受領後、一週間以内に受講料のお振込をお願い致します。(恐れ入りますが、振込手数料はご負担下さい。お振込が遅れる場合はその旨ご連絡下さいませ。)受講料の受領確認を持ちまして、参加受付完了とさせて頂きます。

 

【キャンセルポリシー】

お客様のご事情によるキャンセルの場合、開催日14日前より50%、7日前より100%のキャンセル料を頂きます。また、一度お振込頂いた受講料を返金することは致しかねますので、ご理解頂いた上でお申し込み下さい。

 

【プライバシーポリシー】

皆様の個人情報を他者に開示、譲渡することはございません。

当方が主催するイベント等に関するメールやDM(お礼状含む)をお送りすることがございますので、ご不要の場合は、その旨お申し付け下さい。

また、皆様に安心してご参加頂くために、当日、守秘義務等に関する同意事項をご説明申し上げます。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

**********************

主催/ファシリテーター:[kuku] 大橋あかね

Art of Feminine Presence™(AFP)認定ティーチャー。

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター。

元芸妓の母の着付けとAFPのワークを組み合わせた「着物で、AFP。」を開催中。

 

【Blog】http://blog.kuku-moon.com/

【Face Book】https://www.facebook.com/akane.ohashi.kuku

【「着物で、AFP。」Face Book】https://www.facebook.com/kimono.afp

 

*Art of Feminine Presence™についてはAFPジャパン公式サイトも合わせてご覧下さい。

http://www.afpjapan.com/

 

*それぞれの魅力に溢れたAFP認定ティーチャー達が、全国でクラスを開催しています。

是非、開催スケジュールをご覧頂いて、ご縁のあるクラスにご参加頂けましたら幸いです。

http://www.afpjapan.com/schedule.html

着付け教室の報告と新規生徒さん募集のお知らせ

  • 2017.06.12 Monday
  • 01:03

 

「着物で、AFP。」のスピンオフ企画として始まった着付け教室、おかげさまで、先月、一期生の宝晶さんとひろこさん、私が、無事、卒業を迎えました。毎回、熱心に通って下さって、お家でも練習を重ねて下さったお二人の成果は本当に素晴らしかったです!

 

今回、着付けが初めての方、着付けがお出来になる方、帯が結べない私、と三者三様でしたが、毎回、和気あいあい且つ真剣に学び、最終回にお蕎麦屋さんに着物でお出かけした時には、皆、とても美しく着物を着ていました。

 

「ずっと着物を着て頂きたい」という母の願いの元に、卒業生の方と着物でお出かけする機会をこれからも持ちたいと思っています。着物や履物選びにお付き合いさせて頂いて皆で大はしゃぎしたり、先週は紫陽花祭りに出かけて、とても楽しかったです。

 

 

 

母の着付け教室は、私の八年越しの願いで、これが叶ったのは、母の着付けに熱いラブコールを送って下さったお二人のおかげです。宝晶さん、ひろこさん、本当にありがとうございました。母も私も心からよろこびに溢れた時間をご一緒させて頂きました。

 

この場を借りて、全力投球で向かってくれた母にもありがとうを伝えさせて下さい。

 

そして、もっと沢山の方に着物の良さを、母の着付けを知って欲しいので、新しい生徒さんを募集したいと思います。

ご興味をお持ち頂けましたら、嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

 

【概要】

「きちんと、美しく。」「楽なのに、着崩れない。」昔ながらのシンプルで美しい着つけを学んで頂きます。

着付け初心者の方で、3ヶ月(9回)で着物が着られる様になるのが目標です。

日常で着物を着て頂ける様に、美しくて楽な着方や、着崩れた時の直し方などもお伝えします。

着物の選び方やコーディネートなどもご相談下さい。

 

【対象】

・AFPの連続クラスやワークショップへご参加された経験のある女性を対象としています。

(AFP未体験の方はご相談下さい。ワークショップやクラスのご案内をさせて頂きます。)

・着付け経験の有無は問いません。着付けが初めての方、大歓迎です。

 

【日時】

・一回2時間です。(着付けに2時間、休憩と着替えに30分で、進み具合により延長する場合があります。)

・月に3回、曜日は水、木、金、土のいずれか、時間帯は10時から16時の間で、ご都合を伺って相談させて下さい。

(月によって、曜日や時間帯の変更も、ご相談頂けましたら対応致します。)

 

【会場】

・自宅(最寄り駅は京浜急行「大森海岸駅」JR京浜東北線「大森駅」です。)

・ペット、喫煙者はおりません。

 

【募集人数】

・2名様

 

【受講料】

・「着物で、AFP。」ご参加経験者の方は、一回4,000円

・上記以外のAFP経験者の方は、一回5,000円

*お支払いは毎回現金でお願いします。

 

【講師およびスタッフ】

・講師:大橋セツ子(着物をこよなく愛する、着物歴六十余年の元芸妓。「清水学園東京服装学園」にて着物講士、着付け士の資格を取得。七十の手習いで始めた茶道に夢中。)

 

・事務局:大橋あかね(AFP認定ティーチャー。「着物で、AFP。」主催。落語と妖怪と吉原好きが高じて、江戸文学を専攻。浅草寺子屋第一期生。和綴じ本制作、根付ギャラリーの和小物担当などを経験。)

 

【お問合せ先】

akane☆kuku-moon.com まで(☆を@に変えて)メールをお送り下さい。

 

母と一緒に、楽しみにお待ちしています。

 

*「着物で、AFP。」Face Bookページ*

https://www.facebook.com/kimono.afp/

「今までの私の人生で、最高に幸せで楽しく安心して居られた一週間」

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 22:55

 

と言えば、清里でのAFPのティーチャートレーニングを思い出す。

 

毎日を子供の様にキラキラと楽しんで、みんなの笑顔に囲まれて過ごしたなぁ。

 

一番印象に残っているのが、AFPの創始者レイチェルとパートナーのダータがパートナーシップについて話して下さった時のこと。

 

母子家庭が当たり前の環境で育ち、男性に性的なトラウマがあって、結婚したことのない私にとって、パートナーという言葉には、ものすごい劣等感があって。それまでの幸せな気分がすっかり吹き飛んで、ただこの場から逃げ出したいと思っていた。

 

それと同時に「今、この瞬間が私が発言するタイミングだ。」という強い想いが身体の奥から湧いて来て、嫌だ、怖いと思い続ながらも、質問の時間に、気がついたら何も考えずに手を上げていた。

 

「私には、パートナーシップということがわかりません。」

「でも、レイチェルとダータのお二人が日本にいらして下さって、とても嬉しいです。ありがとうございます。」

 

そう言うのが精一杯だった。わからないと言うのが私には辛すぎて。でも、今、目の前に、お互いを尊重して愛しあっているレイチェルとダータが居て、こんなに素晴らしいパートナーシップがこの世の中に存在するんだと云う希望で胸が熱くなっていた。

 

その後の食事の時に、レイチェルが声をかけて下さった。英語が苦手な私はずっと声をかけたくても何を話していいのかわからないと思っていたけれど、ハグをしながら自然に出て来た言葉は  “ I love you, Rachael. Thank you.” で、いつも自分が言っている、大好きとありがとうを繰り返して生きていきたい、そのものだった。

 

清里でダータが教えて下さったベストパートナーと出会うためのアドバイスを、去年の秋になってやっと実行したら、一ヶ月で出会いがあって、お付き合いを始めた。彼にはとても優しく大事にして貰った。でも、どこかに違和感があって、お互いに自分の気持ちに正直に話し合った結果、感謝をしてお別れをした。

 

今回、自分が女性性に居て待つことや委ねることが出来なかったなぁとしみじみ感じた。そうしたら「誰か、私にAFPをシェアして欲しい。私はただ信じて待っていたい。」という強い望み(want)が出て来て、AFPティーチャーのコミュニティに書き込んだところ、皆から温かい言葉をかけて頂いた。そして、私のwantは叶った。大雨の中、私のためにシェアしに足を運んで下さった方達がいらしたのだ。

 

そして、この一連の流れ「レイチェルとダータのパートナーシップに感動し、自分も挑戦し、出会い、本当のパートナーに出会うために別れる場合もあり、辛い時にはそれをAFPのコミュニティがサポートしてくれる」というのが、実は、先日の「AFP創始者レイチェル×AFPトレーナー アムリタの<アメリカー日本>二元中継ライブ配信第二弾」で話されていることそのものだった。

 

もし今、「AFPをやると、どうなりますか?」と聞かれたら、私は「自分に正直になります。」と答えたい。

 

レイチェルとダータの愛と信頼に溢れたパートナーシップが、私に希望と勇気を与えてくれたことに心からの感謝を込めて。

 

*「AFP創始者レイチェル×AFPトレーナー アムリタの<アメリカー日本>二元中継ライブ配信第二弾」は、パートナーシップがテーマです。時間は40分強で、動画の下に書き起こしテキストがあります。ご覧頂けたら嬉しいです。

http://www.afpjapan.com/live/2017_4_27.html

 

*6/17(土)〜19(月)レイチェルの来日プログラム「AFP週末集中ワークショップ」@清里・清泉寮

レイチェルとダータの愛に直接触れて頂きたいです♡

早割が5/18(木)とギリギリなので、迷わずダイヴをオススメします。

http://www.afpjapan.com/

 

熱い語りにここまでお付き合い下さった皆さん、本当にありがとうございます。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM